コエンザイムQ10と高血圧 コエンザイムQ10

スポンサードリンク

コエンザイムQ10と高血圧

コエンザイムQ10(CoQ-10)は、高血圧の人の血圧を下げるのに効果があるのではないかとされています。コエンザイムQ10(CoQ-10)は、強い抗酸化作用をもつことで、血中コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を防ぐ作用があるとされています。動脈硬化は、心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症など重篤な症状を引き起こすとされています。



コエンザイムQ10(CoQ-10)の抗酸化作用は、同様の抗酸化作用をもつものとして知られている、ビタミンEやベータカロチンよりも悪玉LDLコレステロールの酸化を防ぐことによる動脈硬化の予防作用においてコエンザイムQ10(CoQ-10)の方が効果的だといわれています。



動脈硬化は高血圧の原因となります。心臓病学者のP.ランソン医学博士の研究によると、高血圧患者109人にコエンザイムQ10(CoQ-10)を1日225ミリグラム投与したところ、85%の患者の血圧が下がったとの報告があります。



この実験では、3〜4ヶ月間のコエンザイムQ10(CoQ-10)の摂取で、上の血圧は159から147に下がり、下の血圧は94から85に下がったといいます。さらに、心臓の機能にも改善が見られたとされています。しかも、この実験を始めた時は、全ての患者が降圧剤を飲んでいましが、コエンザイムQ10(CoQ-10)の摂取後は、51%の患者が降圧剤を減らすことができ、25%の患者は薬をやめて、コエンザイムQ10(CoQ-10)の摂取だけで安定した血圧を保つことができるようになったと報告されています。



コエンザイムQ10(CoQ-10)のどのような作用がこのような効果をもたらしたのかの解明は未だですが、他にも、高血圧または心疾患を伴った糖尿病患者73名(平均年齢63.8歳)に、コエンザイムQ10(製品)を1日に30mg、平均22週間投与したところ、拡張期血圧、心拍数が低下し、また、自覚症状が改善されたという報告もあります。



コエンザイムQ10(CoQ-10)が高血圧の症状になんらかの影響を与える可能性は否定できないようです。ただし、まだ研究段階のため、そして、人によってコエンザイムQ10(CoQ-10)の吸収率が異なることもあり、利用には注意が必要であり、特に投薬治療を受けている人は医師と相談することが必要と思われます。

コエンザイムQ10配合サプリ 最新一覧 By 楽天


コエンザイムq10の効果とは? / コエンザイムQ10と免疫機能 / コエンザイムQ10と高血圧 / CoQ10とビタミンE / コエンザイムQ10は風邪薬? / コエンザイムQ10で低血圧克服?

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。