コエンザイムQ10と免疫機能 コエンザイムQ10

スポンサードリンク

コエンザイムQ10と免疫機能

コエンザイムQ10(CoQ-10)には、免疫機能を向上させる働きがあるとされています。したがって、コエンザイムQ10(CoQ-10)が欠乏すると、免疫系の多くの器官で悪影響がみられると考えられています。



コエンザイムQ10(CoQ-10)は、細胞のミトコンドリアの機能に重要な物質であり、ミトコンドリアの活力を復活させることのできる数少ない抗酸化物のひとつとされていて、免疫細胞や白血球の作用を高めるなど免疫増強作用があるとされています。



コエンザイムQ10(CoQ-10)が不足すると、免疫細胞や白血球の作用が弱くなり、コエンザイムQ10(CoQ-10)のもつ強力な抗酸化作用も期待できなくなることから、活性酸素や病原菌よる疾病に罹るリスクも大きくなります。様々な研究により、コエンザイムQ10(CoQ-10)の欠乏と種々の疾病との間には、相関関係があるとの報告があるようです。



コエンザイムQ10(CoQ-10)を投与する動物実験では、例えば、高齢のネズミは、若いネズミに比べて、病原菌などに対して3分の1しか抗体をつくることができないことが知られています。しかし、高齢のネズミにコエンザイムQ10(CoQ-10)を与えると、抗体の生成が増えて、若いネズミがつくる抗体の80%をつくることができる事が確認されています。



コエンザイムQ10(CoQ-10)の摂取は、人間にも同じような効果があるとされています。フォルカース博士の研究によると、1日60ミリグラムのコエンザイムQ10(CoQ-10)を1〜3ヶ月摂取することで血液中の抗体は顕著に増加するとの報告がなされているようです。

コエンザイムQ10配合サプリ 最新一覧 By 楽天


コエンザイムq10の効果とは? / コエンザイムQ10と免疫機能 / コエンザイムQ10と高血圧 / CoQ10とビタミンE / コエンザイムQ10は風邪薬? / コエンザイムQ10で低血圧克服?

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。